第156回 木曽駒ヶ岳|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキングタレント度診断
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ
会員ログイン

第156回 木曽駒ヶ岳

9月初旬に中央アルプスの最高峰である木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ:2,956m)に登りました。登山道は最もポピュラーな、駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷カールを利用しました。

壮大な千畳敷カールから見上げた山頂方面の尾根(乗越浄土)です。山頂へは尾根の先を登って行きます。

156-1.jpg

カールには高山植物のトウヤクリンドウが、可憐な花を咲かせていました。

156-2.jpg

乗越浄土から中岳(2,925m)を経緯して山頂に登ります。山頂からは日本の屋根である主要な山並みの展望が楽しめます。

156-3.jpg

うっすらと噴煙を上げる御嶽山(3,067m)が大きく見えます。

156-4.jpg

山頂からは宝剣岳(ほうけんだけ:2,931m)を経由して、空木岳(うつぎだけ:2,864m)へ稜線が続きます。厳しいながら伸びやかな稜線に心癒されます。

156-5.jpg

遥か北アルプスの山並みの全貌が見渡せます。槍ヶ岳(3,180m)の穂先も確認できます。

156-6.jpg

眼を転じると雲海の奥には、富士山(3,776m)が鎮座しています。

156-7.jpg



コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます