2015年、男性50-69才での「吉永小百合さんの人気度」|アンケートモニター調査結果から気になる数字をピックアップ

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキングタレント度診断
その他のメニュー

今月の数字

今月の数字 インデックスへ

2015年、男性50-69才での「吉永小百合さんの人気度」

有名タレントさんは「時代を映し出す"顔"」です。 ビデオリサーチで1973年から実施している『テレビタレントイメージ調査』では、そのときどきの知名度や人気度などをリサーチしています。今回は、SF映画の名作『バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ』よろしく、1985年と30年後の未来(いま=2015年)を比べてみることにしましょう。

1985年の調査で人気度1位に輝いた女性タレントは、吉永小百合さん(当時40才)。性年代別で見ると、最も支持が高かった性年代層は男性20-34才で56.0%、次いで男性35-59才の55.2%、女性35-59才の53.3%でした。

吉永さんは、なんと2015年にもランキングされており、最も高かった支持層が男性50-69才で58.2%、次いで女性50-69才の51.1%、女性35-49才の37.6%と続きます。

top_grf_10gatsu.jpg

吉永さんは、知名度でも大きな存在感をみせています。

10代男女でもほぼ半数以上、圧倒的な「知名度」

2015年の知名度をみてみると、10代こそ男性48.4%、女性67.7%ですが、ほかの性年代層ではほぼ100%に近い数値になっています。


top_grf_10gatsu02.jpgtop_grf_10gatsu03.jpgちなみに、1985年の20-34才のスコア(56.0%)と、この人たちの30年後の年代である2015年の男性50-69才のスコア(58.2%)が「かなり近いこと」は、注目ポイントです。推論ですが、終戦直後の1945年から高度経済成長期の1965年までに生まれた男性は、30年間「ずっと吉永小百合が好き」なのかもしれません。

時代とともに変化する「吉永さんのイメージ」

さらに、吉永小百合さんが「どのようなイメージを持たれている」のかも、ご紹介します。


top_grf_10gatsu04.jpg

1985年では「女性的な」タレントの代表、という印象ですが、2015年になると、この「女性的な」に「実力のある」というイメージが付加され「女性的な」を「実力のある」が上回っていることがわかります。

30年もの時を経ても、1985年と2015年の両方で人気タレントTOP20にランキングされているのは、女性部門ではただひとり。女性からも男性からも同じく人気を得ている吉永小百合さんを「戦後の女性の理想像」と断じても、あながち言いすぎではないかも知れません。

☆1985/2015の人気タレントTOP20は「みんなのランキング」でご紹介しています!


調査名:テレビタレントイメージ調査
調査時期:1985年8月、2015年8月
調査地区:1985年/東京23区
     2015年/東京30km圏(東京駅を中心とした半径30km圏に含まれる市・区・町・村全域)
集計対象:1985年/男女10-59才(N=939)
     2015年/男女10-69才(N=1,130)
今月の数字 インデックスへ

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top