第23回 雨と風と傘|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第23回 雨と風と傘

梅雨ですね。
自転車乗りには憂鬱な季節です。

 
自転車の一番の敵は何と言っても雨じゃないでしょうか。

 
視界は悪くなる。
滑りやすくなる。
泥水がはねる。
そして何よりも乗っていて全然楽しくない。

 
「自転車に乗るようになってから天気予報をまめにチェックするようになった。」という方がいます。
私もその一人です。
気温もチェックポイントですが、時間帯ごとの降水確率は特に気なるところでしょう。
以前はあまり天気予報を気にしていなかったので、「なんで今日その服装?」というようないでたち出かけて
しまい、後で後悔することもしばしばでしたが、自転車に乗るようになったおかげで最近はそういったことも
少なくなりました。

 
自転車の雨対策としては、やはりカッパの着用でしょう。
ある程度、天気予報で避けられるとしても、出先で思わぬ雨に遭遇することがあります。
そんな時、カッパがあるとないでは雲泥の差です。

 
カッパ.JPG
         カッパ:軽くて小さくたためる撥水加工のウィンドブレーカーをカッパ代わりに携帯しています。

 
また、つばつきの帽子があると、目に雨水が入るのを防げて結構効果的です。
カッパの用意がなくて突然の雨に見舞われたとき、もし近くに100円ショップがあれば
そこでカッパを調達しましょう。
意外と100円カッパあなどれないらしいです。

 
たまに傘をさして自転車に乗っている人を見かけますがあれは危ないので絶対やめましょう。
というか、違法です。みなさん知ってましたか?

 
 
もともと道路交通法で安全運転義務違反ではありましたが、この7月1日からは傘を差しながらと携帯電話を使用
しながらの自転車運転は東京都では5万円以下の罰金です。
  ※運転者の遵守事項に関する規定 (東京都道路交通規則第8条)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/roadplan/bicycle/anzen.htm
 

 
自転車のハンドルに傘を固定するアジャスターのようなものがあるらしいですが、これ違法じゃないんでしょうか。
雨の日だけではなく、天気の良い日に日傘までさしている人も見受けますがこれだって同じです。

 
  ちなみに日焼け対策に関してですが、一説によると日傘って意外と効果は薄いらしいです。
  紫外線っていろんなところに反射するので、上からの日差しだけをカットしても、アスファルトや建物に
  反射した紫外線が横や下から襲ってくるそうです。
  日焼け止め対策としては日焼け止めクリームや服装でのカバーのほうが効果的でしょう。
  最近は日焼け防止のためのアームカバーもあって、これは夏場結構使えると思います。

 
アーム.JPG
      アームカバー:自転車用のアームカバーは、夏は日焼け対策、冬は防寒用として活躍してます。

 
ところで、最近風の強い日が増えた気がするのは、気のせいでしょうか。
自転車に乗っていると、日々の気候の変化を体で感じ取ることができますが、風に関しては時折怖いものを感じます。
先月、全国各地でおたまじゃくしが空から降ってきたというニュースがありましたが、これも風が一因かもしれません。

 
風にあおられて飛行機が着陸に失敗したり、屋上などに設置されたものが飛んでけが人が出たりという
ニュースを聞くと、今後風はリスクとして今まで以上に意識されるべきものではないかと感じます。

 
話を戻しますと、傘をさして自転車に乗るということは法律で禁止されているからというのはもちろんですが、
実際とても危険だということです。
そしてその危険度合いが年々増しているのではないかというのが、こと風の件に関しての私の実感です。

 
今回はちょっと説教くさかったでしょうか。

 
もしや雨で自転車に乗れないことでのストレス?
あ~早く梅雨が明けますように。


    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top