第7回 新車が来た!そして朝練を開始|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第7回 新車が来た!そして朝練を開始

待ちに待った納車の日、私は会社帰りにいそいそとショップへ向かいました。

そこに、ぴかぴかの新車「cinelli experience」が私を待っていました。

ギアチェンジの方法、ブレーキのかけ方など一通り操作方法を教わって、付属品の

取り付けも完了。さあ帰宅です。

 

  

走り出してみると予想以上の前傾姿勢、今まで乗っていた自転車とはまるで別の乗り物です。

買う前に試乗はしていたものの、ロードバイクで交通量の多い車道を走るのは初めての体験でした。

 

 ショップから自宅までは3~4kmばかりの道のりですが、坂道はあるし、自動車は幅寄せしてくる、あげくに会社帰りの引き取りのためとっぷりと日も暮れて、路面の状態もよく見えません。

今まで乗っていた自転車のタイヤの太さなら気にならなかった路面のでこぼこや排水溝も、ロードの細いタイヤではすべるんじゃないか、はまるんじゃないかと気が気ではありませでした。

 

わたしの横をタクシーが高速で通り過ぎるたび、

心の中で「ひゃぁ~」「ひょえ~」。

もう泣きそうな状態。


    第7回 ブレーキ2 DSCN0452.JPG

 ロードバイクのブレーキって、ハンドルの丸くなった先端についているんです。

 

 

このブレーキがまた、手の小さい私には握るのが一苦労。

慣れない操作のせいか変な筋肉を使って、下り坂では腕がつりそうでした。

なんとか自宅には無事帰り着いたものの、「これはちょいとまずい」と痛感し、「この乗り物にまずは慣れなくては・・・」と、早速思い立ち、翌朝より朝練を開始することにしたわけです。

 

 

と言っても、朝5時に起き1時間程度適当に走り回るということだけですが。とにかく雨が降らない限り、毎日ロードバイクを駆りだし走りつづけました。

 

なにせ時間がありません。だから、服装は気にしない、気にしない。

起き掛けのままの、パジャマ代わりのTシャツとスゥエットパンツといういでたちです。

メットをかぶっちゃうから、とりあえず顔も洗わず髪もぼさぼさ。まあいいか、こんな時間に知り合いに会うはずも無いし。早朝は交通量も少なく、練習は快適ですよ。ただし、新聞配達のお兄さんとぶつからないようにご注意を。

 

こんな調子で、3ヶ月ほど早朝練習を続けました。

 

ここで一言・・・・。

ロードバイクのドロップハンドルの握り方について。

基本はブレーキに手がかかるようにハンドルを握るのですが、もう少し上のバーが

まっすぐになっている部分を握ってもいいし、ハンドルの下側を握ってもよいでしょう。

その時の状態で握りやすいところを使えばいいようです。ハンドルの下を握る場面は

スピードを出すときか、力が要るときで、より前傾姿勢になるので空気抵抗も少なくな

るとのことですが、いまだに私はこれが苦手で、あまり使っていません。

(っていうか、そういう場面はあまりないし)

 

 

「ああ、憧れの下ハン」

いつか私にもハンドルの下を握って走れる日が来るのでしょうか。 

 

 

少しずつ、ロードバイクというものにこうして慣れていきました。   

 

 

    第7回cinelli2.JPG  

 



Commented by ROSA at 2008.06.25 23:11

なんだか嬉しい感がヒシヒシと伝わってきます♪
怪我しちゃったら、新品目の前にして乗れませんものね♪
気をつけてくださいね。

Commented by Alex at 2008.06.26 11:11

ROSA様
ご心配ありがとうございます。
安全第一を心がけております。

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top