ツバメ:ヒラリ、ヒラリと軽快に飛び回ります|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ
2008.06.04|野鳥 春夏秋冬

ツバメ:ヒラリ、ヒラリと軽快に飛び回ります

春になり、だんだんと暖かくなると、ヒラリ、ヒラリと器用に飛び回るツバメの姿をよく見かけるようになります。
 
ツバメは東南アジアで越冬し、春になると繁殖のために日本にやってきます。ツバメの巣は泥でできているので、水辺で見かけることが多いのですが、最近では町中でも見かけることができます。商店街の軒下に巣を作っているのを見かけたこともありました。
 
ツバメは翌年になると、去年使った巣を修復して再利用することが知られています。エコロジーな野鳥ですね(あるいは、ものぐさ?)。パートナーが毎年同じであったとの観察報告もあります(純愛派?)。ですから、一度巣を発見すると、うまくいけば何年もツバメの子育てを見ることができます(繁殖期や子育て中の野鳥はたいへん敏感ですから、巣を見つけても、できるだけそ〜っと観察することを心がけてください)。
 
ツバメは昔から人家の軒先に巣を作ることがあったようで、農家の方によると、ツバメが軒下に巣を作ると縁起がいいとされ、大事にされてきたようです。これは、ツバメが子育ての時期になると、ヒナへ与えるエサにするために、畑のまわりの虫を採ってくれ、結果、農作物がよく育つことに由来するのかもしれません。
 
人家の軒下に巣を作り、そこで子育てまでしてしまうツバメですが、どうやらこれには理由があって、天敵であるカラスから身を守るためではないかと言われています。人家の軒先であれば、人が往来しますからカラスは近寄らないので、安心して子育てが出来るという訳です。
 
ツバメ.jpg
 
以前、朝に会社へ出勤するため駅へ向かって歩いていたところ、「ピッ! ピッ!」と鋭い鳴き声が聞こえ、なんだろう? と思い鳴き声のする方向を見てみると、ツバメがテレビのアンテナに停まっているカラス目がけて急降下し、ぶつかりそうになる直前になると鋭く「ピッ!」と鳴き声を発して急上昇するという光景を見かけました。きっと、巣に近づいてきたカラスを追い払おうとしていたのだと思います。
 
 
そんな風にして大事に育てられたヒナは、やがて巣立ち、梅雨があけるころになると電線などにとまっている姿を見かけるようになります。以前住んでいたアパートでは、電線の上に、巣立ったばかりのツバメの幼鳥をベランダからよく見かけました。すこし田舎の方へ行くと、電線にびっしり幼鳥がとまっていることもあります。

つばめJuv.JPG

幼鳥はクチバシの周りがまだヒナの面影を残し、とてもかわいらしいです。親鳥がエサを運んでくると一斉に声を荒げて、羽根をバタバタさせながら鳴きだす姿を今年もあちこちで見られることでしょう。
 
 
← この写真は幼鳥と成鳥の丁度境目。
  ちゃんと燕尾服着てます。
  ちょっとあどけなさが残っていて、
  かわいいでしょ (^^)

 
 
 

和  名 燕(ツバメ), L14cm
学  名 Hirundo rustica
撮 影 日 2002/5/26 (F3.5, 1/250)
撮影場所 東京都葛飾区
タイトル still juvenile (Photo: Moz)
カ メ ラ Nikon E995 with Vixen Geoma 65A × 15


Commented by ROSA at 2008.06.04 12:12

燕尾服のツバメ・・・
ちっちゃな紳士ですね♪
ツバメは動きが速いので、こんなにじぃ~っと見たことありませんでした。
赤ちゃんも最初から燕尾服なんですか?
男の子も女の子も同じ格好ですか?
大きなカラスに向かっていくなんてすごいですね!

Commented by Moz at 2008.06.04 18:06

ROSA さんコメントありがとうございます。
ツバメに限らず、野鳥は生まれたて(卵から出てきたばかり)の頃は、毛が無くて、目玉が異様に大きかったりして、「えっっ?」という感じです。でも、すぐに毛が生えてきます。ムクムクしていて、とてもかわいらしいです。
ツバメは雌雄同色ですが、尾羽の長さで判別できますよぉ~。長いほうがオス、短いほうがメスです。でも、若いうちは雌雄の判別が難しいですね。オスでも尾っぽがまだ短いのです。
尾っぽが長いほうがパートナーを見つけやすいとの観察報告を読んだことがあります。メスにとっては、「尾っぽが長い方が魅力的に映る」ということなのでしょうか。
野鳥って面白いですねぇ~。

Commented by ROSA at 2008.06.04 23:11

若いうちはまだ半人前なんですね~(人間と同じ・・・?)
体験・経験を積んで尾羽も伸びて一人前・・・?
やはり一人前のほうが魅力的ですものね~
なんだか鳥を探しに行きたくなりました♪
観に行く時の注意点とか
これは必ず持っていかなくちゃ・・・というもの、
その他教えていただけると
「そうだ!!行ってみよう」って思い立てるかも・・・
カメラにレンズに双眼鏡・・・
大荷物になってしまいそうですね!!(非力では無理?)

Commented by fchiko at 2008.06.05 00:12

ツバメさんって凄く可愛いですね。
あまり見ることがないのでついつい見てしまいました。
人間と同じで、小さい時は幼さが残っていて本当に可愛い・・
今まで木に小鳥がとまっていても特に気にもしませんでしたが、明日からは木を見上げるのが楽しみになりました♪

Commented by fchiko at 2008.06.05 00:12

ツバメさんって凄く可愛いですね。
あまり見ることがないのでついつい見てしまいました。
人間と同じで、小さい時は幼さが残っていて本当に可愛い・・
今まで木に小鳥がとまっていても特に気にもしませんでしたが、明日からは木を見上げるのが楽しみになりました♪

Commented by キジ似 at 2008.06.05 13:01

特に目が凛々しー!
生き物の目から受け取る印象って深いですよねー:^^\

この幼鳥のツバメは、どんなことを考えているのかな

Commented by Moz at 2008.06.05 18:06

コメントいただきありがとうございます。

ROSA さんへ
> 観に行く時の注意点とか
> これは必ず持っていかなくちゃ・・・というもの、
>その他教えていただけると
野鳥は朝早い時間の方が活動的なので、バードウオッチングするときは早起きがおすすめです。
持ち物ですが、私の場合、手のひらサイズの単眼鏡とメモ帳だけ ということが多いです・・・
以前は双眼鏡を使っていましたが、重くて辛いので、単眼鏡にしました。
慣れてないうちは双眼鏡のほうが断然見やすいです。
メモ帳は日付、場所、観察できた鳥の名前を記録するために使用しています(ややマニアックですが、メモ帳のことを「フィールドノート」と呼んでいます)。
名前の分からない鳥はスケッチしておいて、帰ってから調べることもできます。


fchiko さんへ
> 今まで木に小鳥がとまっていても特に気にもしませんでしたが、
> 明日からは木を見上げるのが楽しみになりました♪
野鳥ってみんなかわいいんですよぉ~
ぜひ、木を見上げてください。


キジ似 さんへ
> この幼鳥のツバメは、どんなことを考えているのかな
たぶん、「Mom, I'm hungry...」かもしれません。
親鳥がエサを運んでくると、ものすごい勢いで鳴きます。
それがまたかわいいのですよ。

Commented by ROSA at 2008.06.06 12:12

お返事ありがとうございました♪
単眼鏡・・・というのが良く解りませんが
探してみます♪
朝早いのも辛いですが、頑張ってみよう!!

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top