第5回 龍の国 ≪後編≫|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第5回 龍の国 ≪後編≫

前回のお話の続きです。

上海にある豫園にはこんな建物が立ち並んでいます。

 

    5回 建物.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 

写真に写っている建物は水の上に建っているのですがわかりますでしょうか。

庭園があるだけではなく、このように赤を基調にした露店が軒を連ねています。

おみやげ物屋さんやレストラン、お茶屋さんなどなど所狭しとひしめきあっています。

 

お茶屋さんでは茶器を使ってお茶を入れてもらえます。

茶葉からお茶が出なくなるまで飲み放題でお菓子つき。

おなかががぼがぼになるまで飲めます。おいしいのですが、飲みすぎ注意!

いろんな種類の烏龍茶(産地によって価格がちがいます)やジャスミンティー(ジャスミンの花をポットに入れる本格的なもの)など、さまざまです。

写真は烏龍茶。茶色ではなく緑です。

烏龍茶=茶色ではないことを恥ずかしながらはじめて知りました(-_-;)

 

5回 お茶.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 

小龍包発祥のお店にもせっかくなのでチャレンジしてみました。

テイクアウトか店内での飲食、どちらかが選べるのですがとにかくどちらもすごい行列。

どうせなら、ということで店内に並んでみました。

 

しかしここで勝負の始まりのゴングが鳴ったのです!

さすが人口世界最大の国、中国。お店から溢れるほど多くの人たちでにぎわっており、黒山の人だかり。店内は熱気でムンムンでした。

 

しかし小龍包は蒸したてを持ってきてくれます。

ちっちゃくて、ジューシーでとっても食べやすい。

おいしかったです。

が、いかんせん人酔いしてしまったのでせっかくの小龍包の写真も取り忘れて

しまったくらい疲労困憊。

 

上海と言えば上海蟹ですが、それすらも食べる気力を失くし気疲れしてしまいました。

 

「旅行と言ったらフリーだ!地下鉄だ!タクシーだ!」とツアーに入らず歩き回った自分が

いけないんですが・・・。

でも電車はお国柄が表れる、最も面白い乗り物ですのでいい経験になります。

 

マッサージ屋さんも色々あり、日本よりも安いのでオススメです。

英語はあまり通じませんが日本語が少々通じます。

と、言うより呼び込みも日本語(*^_^*)

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top