第119回 北アルプス 錦秋の霞沢岳|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第119回 北アルプス 錦秋の霞沢岳

9月末に北アルプスの霞沢岳(かすみざわだけ:2646m)に登って来ました。今回は上高地側にある明神(みょうじん)分岐から徳本峠(とくごうとうげ)を経る登山ルートを利用しました。霞沢岳はジャンクションピーク、K1ピーク、K2ピークとアップダウンを繰り返すタフで長丁場のルートです。しかし好天に恵まれ、360度の眺望と美しい紅葉が楽しめました。

登山口の上高地・河童橋からも青空に映える穂高の山並みが綺麗に望めます。

119-1.jpg

徳本峠でテント泊し、早朝6時前から歩き始めました。穂高のモルゲンロートがとても美しく神秘的です。

119-2.jpg

標高2000mを超えると、紅葉が真っ盛りです。

119-3.jpg

ジャンクションピークから何度もアップダウンを繰り返し、ようやく稜線のK1ピーク(2567m)に着きます。その先には正面にK2ピーク、左奥に霞沢岳と続きます。

119-4.jpg

K1ピークからK2ピークを経て急登を登りきると、ようやく霞沢岳の山頂にたどり着きます。山頂からは北アルプスの穂高連峰、浅間山、八ヶ岳連峰、南アルプス、中央アルプス、白山、御嶽山、乗鞍岳とまさに360度の眺望が楽しめます。

119-5.jpg

左側に西穂高岳、中央に奥穂高岳、右側には前穂高岳の迫力ある姿が迫って来ます。カール(ドイツ語で氷河の浸食により椀状にえぐられた谷)の真ん中には岳沢小屋も見えます。山頂からは第117回でお届けしたルートが一望できます。

119-6.jpg

振り返ると登ってきたルートの山並みが、沸き立つような、紅・黄・緑・青に染まり、まさに錦秋。とても優しい心癒される景色です。

119-7.jpg



コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top