第121回 深田久弥氏終焉の地・茅ヶ岳|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第121回 深田久弥氏終焉の地・茅ヶ岳

1月中旬に、「日本百名山」の著書で有名な深田久弥氏終焉の地(登山中に脳卒中で亡くなられた)である、茅ヶ岳(1704m)に登ってきました。登山口は中央自動車道の韮崎ICから10分程度の深田公園駐車場を利用しました。早朝の気温は若干低かったものの好天に恵まれ、山頂からは360度の展望が楽しめました。

登山道では、久しぶりに霜柱を見ました。

121 1.jpg

ようやく朝日を浴び始めた山肌が、とても綺麗です。

121 2.jpg

登山道の中腹には深田久弥氏終焉の地を示す石碑があります。どなたかがお酒をお供えしていました。

121 3.jpg

山頂に近づくと、周りの山並みが見え始めます。丹沢方面の山並みが手に取るように見渡せます。静寂の中、たおやかな姿に心癒されます。

121 4.jpg

山頂からは360度の眺望が楽しめます。すぐ隣には八ヶ岳の全貌が見えます。例年なら雪で真っ白なのが、山頂付近に僅かに積雪があるだけです。

121 5.jpg

南アルプス方面も雪が少ないです。さすがに3000m級の稜線には積雪があり、陽光を浴び、ピカピカ輝いています。

121 6.jpg

山頂からはどの山にも邪魔されず、朝日を浴びる富士の姿を、裾野まで楽しめます。

121 7.jpg



コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top