寒風・冬の硫黄岳|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

寒風・冬の硫黄岳

今回は、2011年のクリスマスに登った、八ヶ岳連峰の硫黄岳を、ご紹介いたします。
今年は雪が少なく、ラッセル(深い雪を踏みつけて、道をひらきながら進むこと)の
必要はありませんでしたが、稜線上は風速15m以上の北西風が吹き付け、
かなり寒かったです。
 
①中腹の樹林帯.JPG
中腹の樹林帯は薄く雪を冠ったトドマツと青空、そして登山道の白い雪の
コントラストがとても美しく、この景色を見るだけでも来て良かったと思います。
 
 ②溶けない雪.JPG 
水の表面温度が低いせいでしょうか、雪が溶けずに水面に結晶のまま浮いています。
まるで白菊のような、不思議で美しい光景です。
 
③硫黄稜線とケルン.JPG
樹林帯を抜けるといよいよ寒風が吹付ける厳しい稜線を登ります。
稜線上にはいくつものケルン(
小石を円錐型に積んだもの)が見えます。
 
 
④天狗と蓼科.JPG
稜線上から振り返ると、登ってきた登山道の奥には、東天狗岳と西天狗岳の
ツインピークスと更に北八ヶ岳の蓼科山が綺麗に見渡せます。
 
 
⑤硫黄山頂.JPG
硫黄岳(
2760m)の山頂です。山頂は強い風で雪が飛ばされ積雪は殆どありません。
縦走者でしょうか、前方からは大きな荷物を背負ったツワモノが、寒風に耐えながら
登って来ました。
 
 
 ⑥主峰赤岳と横岳.JPG
山頂からは八ヶ岳連峰の主峰赤岳と鋸の刃の様な横岳が手に取るように
見えます。冬の荒々しい山容は、何も余分なものがなく神々しさとともに、
とても心癒されます。
 
⑦おまけ-15度.JPG
最後におまけの画像です。山小屋の寒暖計が、マイナス
15度を指していました!!! 
山頂は更に低く、軽くマイナス
20以下だと感じました。


Commented by at 2012.01.06 00:12

冬に登山するのは大変でしょうけど、
その分、美しい景色もたくさん見られるのですね。

2枚目の写真、本当に美しいです。
ぱっとみたら、白い菊の花が水の上に漂っている感じです。

美しい写真、今後もずっと楽しみにしています。

Commented by アコンカグア at 2012.01.06 09:09

梅さま、コメントありがとうございます。
冬山は寒く、装備が重くて何かと大変です。でもその苦労の御褒美として、登山者のみが出会える美しい景色や、達成感が味わえます。
今後も、できるだけ綺麗な写真を載せますので、時々見に来ていただければ嬉です。

Commented by しー at 2012.01.06 23:11

はじめまして。
私も子どもの頃家族で山登りをしていました。
はじめは高尾山で、いろんな山を登り最後は富士山で終わりました。つらい思いでもありますが、空気が澄んでいて山には沢山の花や草木、鳥、生き物が暮らしてるせいか、いつも充実感で癒されてました。冬山の経験はないので、とっても大変だと思います。でも、すばらしい写真ですね、見入ってしまいました。ありがとうございます。
自然は怖いです、くれぐれも気をつけて事故が無いようお祈りしてます。

Commented by アコンカグア at 2012.01.10 11:11

「しー」様、はじめまして。そして心暖まるコメント有難うございます。
山はどんな山でも、どの季節でもいつも心癒してくれます。300mの山でも6000mの山でも一歩一歩は同じ気持ちで歩いています。植生や動植物はそれぞれ異なりますが、この美しい自然環境は三世代先の人々からの贈り物と思っています。ちゃんと守って残さないといけませんね。暫くは、冬山の美しい景色をお届けする予定です。またコメントいただけると嬉しいです。

Commented by kakan at 2012.03.18 00:12

美しい冬山の写真にため息の出るほど癒されます。若い頃お友達といっしょに歩きましたが、写真を拝見すると目の前に美しい山並みが、実感でき感動が甦ってきます。
有難うございました。又楽しみにしております。

Commented by アカンカグア at 2012.03.19 09:09

Kakanさん、コメントありがとうございます。すこしでも喜んでいただき幸いです。
雪山の景色は本当に心癒され、何度見ても感動しますね。今後もできるだけ綺麗な写真をお届けします。時々見に来てコメント戴けると励みになります(^^)ではまた。

コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top