第21回 盛夏の奥穂高岳(Part1)|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第21回 盛夏の奥穂高岳(Part1)

今回は、日本第三位の高峰であり、穂高連峰の主峰である奥穂高岳(3,190m)を二回に亘ってご紹介します。

 
奥穂登山には幾つかのルートがありますが、今回はポピュラーな上高地から入山しました。

 
上高地の河童橋から雄大な穂高連峰が見渡せます。あんな高い山に歩いて登れるのかと思いますが、歩み続ければ着くものですね。

 
21-1.JPG

 
梓川沿いに、険しい明神岳、前穂高岳が迫力満点で迫ってきます。

 
21-2.JPG

 
徳沢園、横尾山荘を通過して少しずつ登山道らしくなってきます。徳沢園のテン場は本当に気持ちよさそうな場所にあります。

 
21-3.JPG

 
横尾山荘から暫く歩くと、梓川の上流に掛かる本谷橋に着きます。今年は残雪が多く雪解け水の水量も多いようです。

 
21-4.JPG

 
岩混じりの急な登山道を喘ぎながら登りきると、残雪が残る涸沢に付きます。テン場の半分はまだ雪に覆われています。

 
21-5.JPG

 
涸沢カールからの穂高連峰の眺めはすばらしく、重い荷物を背負って来た疲れは一瞬で吹き飛んでしまいます。いつまで眺めても飽きない絶景です。そしてとても心癒されます。

 
21-6.JPG

 


    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top