第25回 鋭鋒、秋の甲斐駒ヶ岳|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第25回 鋭鋒、秋の甲斐駒ヶ岳

今回は、日本百名山である秋の甲斐駒ヶ岳(2,967m)をご紹介いたします。

 
甲斐駒ヶ岳は、南アルプスの中では珍しく鋭角的な山です。山頂は白い花崗岩が露出し、まるで雪を抱いた様なとても印象的な山容です。

 
仙水峠の分岐点より上は綺麗な紅葉でした。紅葉と白い山肌の摩利支天(写真右)と甲斐駒ヶ岳が青空に映えとても綺麗です。

 
画像2-1.JPG

 
駒津峰からは、鋭俊な直登コースと砂礫の迂回コースがありますが、今回は直登コースから登りました。直登コースは鋸の歯の様な鋭利な尾根で、なかなかスリリングですが、その分登頂の充実感は高まります。

 
画像2-2.JPG

 
山頂直下からの荒々しくも凛とした甲斐駒ヶ岳の雄姿です。山頂からは、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳連峰が見渡せ、登りの苦しさや怖さが一気に吹き飛びます。

 
画像2-3山頂.JPG

 
目を転じると、日本第二高峰の北岳(3,193m)を筆頭に、第四高峰の間ノ岳(3,189m)、農鳥岳(3,026m)からなる白峰三山の険しくも、美しい稜線に目を奪われます。

 
画像2-4.JPG

 
遠くには、中央アルプスの御嶽山が特徴ある雄姿を見せてくれます。

 
画像2-5.JPG

 
鳳凰三山の奥には、雄大な富士がゆったりと構え、何故かその姿を見ると心癒されます。

 
画像2-6.JPG


    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top