第28回 厳冬期の八ヶ岳主峰・赤岳登頂|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第28回 厳冬期の八ヶ岳主峰・赤岳登頂

この冬最高の好天に恵まれた2月中旬に、八ヶ岳主峰・赤岳に登頂してきました。赤岳は八ヶ岳連峰の中心部に位置し、標高2、899mの高さを誇る鋭利な山容です。

厳冬期であり、装備は12本爪アイゼン、ピッケル、ハーネスを付けてのアンザイレンと雪山装備での登山となります(アンザイレンとはロープの末端を自分とパートナーで結び合う行為を言います)。
山頂付近はマイナス15度程度ですが、無風・快晴の為、あまり寒さは感じません。
 
登山口から中腹までは、森の中の静かな山道です。見上げる八ヶ岳の雪山岩壁が気持ちを高揚させます。

NO28①中腹からの八ヶ岳.JPG                                                               中腹からの八ヶ岳
 
 
標高2、300mに位置する、赤岳鉱泉(山小屋)の脇には、大きなアイスキャンディーが作られ、アイスクライミングの訓練をしています。

NO28②赤岳鉱泉脇のアイスキャンディー.JPG                                                       赤岳鉱泉・アイスキャンディー
 
 
山頂直下から、まるで雲のように雪に覆われた北アルプスの山稜が見渡せます。他に何も無い景色を見ていると、冷気の中で神聖な気持ちになります。

NO28③北アルプスの山稜.JPG                                                              北アルプスの山稜
 
 
雲海に浮かぶ、真っ白な富士。陽光を反射して綺麗だな~。

NO28④雲海に浮かぶ富士.JPG
 
 
赤岳展望荘から見上げた赤岳山頂です。冬期閉鎖中の赤岳頂上山荘の奥が頂上です。あと少し注意して登らなくてはと、気合いとともに、気持ちも引き締まります。

NO28⑤山頂直下からの赤岳.JPG
 
 
赤岳山頂から連なる、中岳・阿弥陀岳です。余分なものは何もない荘厳な景色に心が洗われ、とても心癒されます。

NO28⑥山頂からの中岳・阿弥陀岳.JPG 
 


Commented by at 2010.03.04 19:07

雑誌に掲載されている写真のように、本当に綺麗ですね。
天気も良く、冬山とは思えない穏やかさを感じます。
特に、赤岳展望荘から山頂を見上げた写真に、心を惹かれます。事故の多い雪山ですが、この景色を見にみなさん行かれるんですね。

Commented by アコンカグア at 2010.03.08 11:11

涼さん、コメントありがとう。当日は晴天に恵まれ、気持ち良い登山であり、綺麗な景色を堪能できました。青空に白い山並み、冬山登山者へのご褒美と思います。でもひとたび荒天になれば、生死にかかわる状況にもなります。自分の技量を充分にわきまえ、決して自然に挑むことがない謙虚さが大切ですね。

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top