第48回 盛夏・北アルプス槍ヶ岳 PartⅡ|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第48回 盛夏・北アルプス槍ヶ岳 PartⅡ

盛夏・北アルプス槍ヶ岳 PartⅡは、テン場近くに登山口がある、奥丸山をご紹介します。奥丸山は北アルプスの中では標高(2、440m)が低く、また槍ヶ岳の登山道を離れるため、登る人が少なく知名度も低いです。しかし、槍ヶ岳から穂高連峰の稜線全貌を真横から見られる数少ない眺望の山です。また入山者が少ないため登山道も荒れておらず高山植物が豊富です。


登り始めると直ぐに、白くて可憐な花が凛とした姿で咲いていました。名前が良く判りません、どなたか教えてもらえますか?

20110802①.JPG

続いて薄いピンクのイワカガミが今を盛りに咲き誇っていました。

20110802②イワカガミ.JPG

北アルプスでは、あまり見かけないニッコウキスゲの群落に出会い驚きました。

20110802③ニッコキスゲ.JPG

奥丸山の山頂付近からは、北アルプスの雄である槍ヶ岳の大槍と小槍の穂先が飛騨乗越の稜線越しに見えます。思わず「待ってろよ~」と心の中で叫んでいました。

20110802④大槍と小槍.JPG

目を転じると、南岳と北穂高岳をつなぐ大キレット(稜線の一部が急激に切れ落ちている場所)が、大きく迫ってきます。この角度で北アルプスや大キレットを見るのは初めてで、その迫力に圧倒されます。

20110802⑤北穂とキレット.JPG

奥丸山の山頂からの北アルプス眺望です。誰もいない山頂で、時の経つのも忘れ、青空に浮かぶ北アルプスの峰々を眺めていると、日頃の些細な事象を忘れ、とても心癒されます。
まさに雲上の楽園を実感できます。

20110802⑥奥丸山山頂.JPG
 



Commented by ばばさん at 2011.09.29 13:01

登山も若い時は一人で楽しんでいたけど、退職したころから膝が悪くなり、大好きな海釣りも登山も出来なくなった。最後に登った富士山の思い出だけは忘れられない。会社の上役、同僚と朝5時ころから登って頂上を満喫、小型の飛行機が下に富んでいたのを思い出します。機構が良くて登っている途中で霧が発生、でも頂上に着いたら上天気、須走を走るように降りて靴を見たらぼろぼろになっていた。登山靴を実家に置いたままだったので運動靴で登ったのはよいのですが降りたのは間違い、十人兄弟姉妹で私だけが富士登山をさせていただき会社の上役、同僚にも感謝!!あれから二十年富士山は今でも雄大ですね。

Commented by アコンカグア at 2011.09.29 15:03

ばばさん、楽しい山の思い出コメントを戴きありがとうございます。富士山の雄大さは変わりませんね。槍ヶ岳からもその勇姿を見せてくれました。ただ、最近の富士山ブームは異常で、ひと夏30万人以上登るそうです。過去6年で1.6倍です。排泄物の処理を含め許容量を超えているのではと感じます。今後も山写真を掲載していきます。時々覗いてもらえれば嬉しいです。

Commented by あかりんこ at 2011.10.14 23:11

今年の夏に涸沢に登りました。
暑くてしんどくてたまらなかったけど
ついたときの生ビールがおいしかったです~~!!
「もう二度といかない!!」と思ったけど
また行ってもいいかなって思えるほど景色が良かったです。

北岳を登るのは夢のまた夢かなぁ・・・

Commented by アコンカグア at 2011.10.17 17:05

「あかりんこ」さんコメントありがとうございます。涸沢の景色を眺めながらのビールはさぞ美味だったでしょうね。歩いている時は殆ど苦しいだけで、自分も「もう歩きたくない!!」と時々思います。でも美しい景色と山頂に立った時の達成感でまた山に来てしまします(^^)
北岳も涸沢も一歩一歩はそんなに変わりません。ルートと日程次第で、さほどハードでも危険でもないと思います。
実現可能な夢ですよ。因みに、このサイトの第23回、24回が北岳です。いつか挑戦して御自身の目でこの景色を堪能してください

コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top