第76回 晩秋の毛無山・十二ヶ岳縦走|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第76回 晩秋の毛無山・十二ヶ岳縦走

11月下旬に、河口湖畔にある毛無山(1500m)から十二ヶ岳(1683m)を縦走してきました。大きな富士を真近に見ながら静かな山行きが楽しめました。毛無山から十二ヶ岳への登りは低山ながら、ロープや鎖が随所にあり、アップダウンが続くバリエーション豊かなコースです。


毛無山への登山口は富士急行の川口湖駅からバスで30分ほどの西湖湖畔にあります。紅葉も終盤にさしかかり、登山路には黄葉したカエデが絨毯のように降り積り、とても綺麗です。
山76①イチョウの落葉.JPG

毛無山山頂までは樹林帯で展望は望めません。山頂部直下は開けたカヤトで青空に映えていました。
山76②かやとと青空.JPG毛無山の山頂からは、大きな富士が真正面に迫ってきます。
山76③毛無山頂から大きな富士.JPG

毛無山から十二ヶ岳への縦走路はアップダウンの激しい岩場が続きます。長く急な下りは、ロープを使って慎重に降りていきます。
山76④十二ヶ岳へ急な下り.JPG

十二ヶ岳の最後の登りは崖に阻まれ、ロープだけで吊った、大きく揺れる吊橋が掛かっています。その先は垂直な岩場が最後の難関で立ちはだかります。ルートを見極め、岩を登りきれば間もなく山頂です。
山76⑤崖に掛かるつり橋.JPG

十二ヶ岳山頂直下の北側斜面には薄っすらと雪が積もっていました。
山76⑥山頂直下の雪.JPG

十二ヶ岳山頂からは、富士、御坂山塊と富士五湖が見渡せます。少し霞んだ晩秋の西湖と富士の眺めに心癒されます。
山76⑦富士と西湖.JPG

 



Commented by アウトサイダー at 2013.01.16 12:12

こんにちわ。
日本の固有名詞は読み方が難しいですね。
「毛無山」=けなしやま?!

ネットで検索しつつ、コチラの写真で楽しむことも一興です♪

また、楽しく拝見させていただきます。

Commented by アコンカグア at 2013.01.16 14:02

アウトサイダーさん、コメントありがとうございます。
毛無山は「けなしやま」でOKです。毛無山は日本各地にあります。語源はいろいろあるようですが、樹木がまったく無いか、少ない山で笹原等の姿を「毛」に見立てたもので「毛成(けなし)山」を意味している場合が多いようですが、全く逆で木立が茂っている「木成山」を意味している事もあるようです。
次回は雪山を紹介予定です。また覗きに来てください。

コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top