第79回 快晴・蓼科山|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第79回 快晴・蓼科山

2013年2月上旬に、八ヶ岳連峰の北端にある蓼科山(2530m)に登ってきました。当日は厳冬期とは思えない快晴・無風で気温はマイナス7度程度と、快適な雪山を楽しめました。今回は中央線上諏訪駅から、霧が峰高原経由、車で1時間程のすずらん峠登山口を利用しました。
丁度ダイヤモンド富士の時期で、夜明け前から沢山のカメラマンがビーナスライン沿いにシャッターチャンスを待っていました。


登山口から暫くはパウダースノーが緩斜面を覆い、ゆったりとして、とても気持ちが良い景色です。
山79①登り口.JPG
中腹からは積雪も多くなり、美しい樹林帯の急登となります。
山79②中腹急登.JPG
山頂直下の岩稜帯です。強風の為、山頂付近の尾根には雪があまり付きません。凍てつく岩と凍った雪の先には山頂の標識が見えます。何もない荒涼とした世界に、凛とした美しさを感じます。
山79③山頂直下岩稜.JPG
山頂ヒュッテは雪と氷に埋まっていました。
山79④山頂ヒュッテ.JPG
山頂の標識です。下には霧が峰・車山、更にその奥には北アルプスが見渡せます。
山79⑤山頂標識.JPG
山頂の方位盤には巨大な氷で出来たエビの尾がついていました。厳冬期の風雪の厳しさが判ります。青空に映える白いエビの尾、北アルプスの山並みは本当に美しく心癒されます。
山79⑥巨大なエビ尾と北アルプス.JPG
山頂からは360度の眺望が楽しめました。遠く中央アルプスも綺麗な姿を見せていました。
山79⑦中央アルプス.JPG

 



Commented by at 2013.02.20 17:05

青空が眩しい写真ですね。
雪の白さと映えて大変美しい景色を、暖かい部屋の中から堪能しています。
巨大な「エビの尾」から遠く北アルプスを望む写真は素敵。
風が強い証拠ですね。
以前、夏に登った事があるのですが、山頂の広さを初めて知りました(笑)

Commented by アコンカグア at 2013.02.20 17:05

涼さん、コメントありがとうございます。
通常、厳冬期の山頂は20m近い風が吹き荒れ、のんびり景色を堪能している余裕も無いようです。
巨大なエビの尾が通常の猛烈な強風を想像させます。
今回は無風状態で日本中のアルプスの山並みが堪能でき、とても幸運でした。
山頂は広く、吹雪いて視界が悪いと、山頂の中でも遭難してしまうそうです。
また覗きに来てください。

Commented by アウトサイダー at 2013.02.27 12:12

こんにちわ
涼さんと同じですが巨大な「エビの尾」はまるで雪山にしかない「シャチホコ」かと思いました。またアングルがとても素敵ですね。

パウダースノー触りたいですが、その場所まで行くのが・・・

写真で我慢しておきます。

Commented by アコンカグア at 2013.02.27 14:02

アウトサイダーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
写真のエビの尾は多分3m近くある巨大なものでした。最近見た中でも最大級の大きさです。いかに風雪が激しいかが推測されます。
積雪も気温が低く、本当にさらさらのパウダースノーです。
もう暫くは、雪山シリーズを掲載予定です。
また覗きに来てください。

コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top