第81回 編笠山から西岳縦走|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第81回 編笠山から西岳縦走

2013年3月末に、八ヶ岳連峰の南端にある編笠山(2524m)から西岳(2398m)を縦走してきました。

下界では桜も満開で春爛漫ですが、2000mを超える山は残雪と凍結の世界です。今回は小淵沢から車で
30分程の、富士見高原登山口から先に編笠山に上り西岳を回って下山しました。ロングトレイルで冬山でもあり9時間程掛かりました。


1800mを超えた辺りから、残雪が出始め、樹林帯の登山道は陽光が遮られるため、バリバリ、つるつるに凍結していました。編笠山の山頂直下の200m程は大きな岩が露出し雪も全く付いていません。
20130411①画像.JPG
苦しい岩登りの末、最後の岩を越えると、いきなり広々とした山頂に出ます。360度の眺望を誰の邪魔もされず、堪能しました。
20130411②画像.JPG
編笠山の山頂からは、目の前に赤岳や権現岳が迫ってきます。日ごろ見慣れない角度からの迫力ある景色に圧倒されました。険しい中に神々しさもあり心癒されます。
20130411③画像.JPG
編笠山から西岳の縦走路の途中に青年小屋があります。全く雪のない南側斜面と一変し、青年小屋側には、たっぷりの雪が残っていました。残雪を踏み抜かないように注意しながら青年小屋に向かいます。
20130411④画像.JPG
西岳に向う縦走路から、先ほど登った編笠山の全景が見えます。この角度からの編笠山を見るのは初めてで、思いの外、丸く大きいと感じました。
20130411⑤画像.JPG
縦走路の深雪に足を取られ、登り返しに喘ぎながら西岳山頂に出ました。
20130411⑥画像.JPG
西岳山頂からは南アルプスや八ヶ岳の山々がくっきりと見えました。主峰の赤岳は大きくて、険しくて、とても格好良いです。
 20130411⑦画像.JPG

 



Commented by アウトサイダー at 2013.04.24 12:12

こんにちわ
毎回、楽しみにしています。

雪が少なくなり、少し春の兆しが出ているのでしょうか。
残雪が山脈の”脈”を表しているようです。

もう少しで色がつき始めることかと思います。
楽しみにしてます♪

Commented by アコンカグア at 2013.04.24 17:05

アウトサイダー様。いつもコメントありがとうございます。
八ヶ岳の南側斜面では急速に雪解けが始まっています。
仰るとおり、残雪期は山肌の凹凸が良くわかりますね。
新緑は5月中旬ころからでしょうか?陽光に透ける新緑もとても綺麗で、好きな景色です。
次回は、まだまだ冬景色の北アルプスをお届けする予定です。
また覗きに来てください。

コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top