第91回 八ヶ岳連峰、赤岳~権現岳キレット縦走|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第91回 八ヶ岳連峰、赤岳~権現岳キレット縦走

 9月下旬に、八ヶ岳連峰の中ではもっともタフなコースと言われる、赤岳から権現岳のキレット(稜線の一部が急激に切れ落ちている窪んだ箇所を指し、漢字では「切戸」とも書きます)を縦走してきました。登山口はJR茅野駅から車で40分程の県界尾根登山口を利用し、赤岳天望荘で一泊して、このコースでの核心部である赤岳から権現岳までのキレットの岩稜帯を越え、三ツ頭から天女山に下山するロングコースです。
 
登りに使った県界尾根は、長いくさり場が連続します。

yama91 1.jpg 
赤岳天望荘から赤岳への登りは、ザレ場(小石や砂などが堆積している場所)の直登です。

yama91 2.jpg
 
赤岳山頂からは、360度の展望が楽しめました。北には横岳、硫黄岳、蓼科山と北八ヶ岳が綺麗です。北アルプスの槍から穂高のキレットもクッキリと見えました。
南にはこれから縦走するキレットと権現岳の険しい山容を見せています。奥には南アルプスの山並みがゆったりと横たわり、とても心癒されます。

yama91 3.jpg
 
赤岳からのキレットは450m近くを一気に下ります。手がかりになるクサリや梯子が少なくザレた足場が続きます。落石を起こさないよう神経を使い、体力以上に精神的に疲れます。

yama91 4.jpg
 
キレット底部から赤岳を振り返ると、その険しさを実感します。

yama91 5.jpg
 
途中キレット小屋を越え、権現岳に向けて今度は300m程の急峻な登りです。権現岳直下には61段の垂直に近いゲンジー梯子があり、疲れた体には堪えます。途中休憩で下を見ると高度感満点です。

yama91 6.jpg
 
権現岳の山頂部は、火山岩の塊が林立しています。山頂には大きな剱が刺さっています。

yama91 7.jpg


Commented by アウトサイダー at 2013.10.23 12:12

こんにちわ
今回は、山のゴツゴツ感がすごくありますね。
梯子をトロッコ用かと思ってしまいました。
あんなに細い足掛け部分には負担がすごくかかることかと思います。
いつもの雄大さも素敵ですが、今回のゴツゴツ感は、自然の荒々しさを語っている気がします。
これからも楽しみにしています♪

Commented by アコンカグア at 2013.10.23 14:02

アウトサイダーさん、コメントありがとうございます。
ご指摘の梯子は、細くて長いですが、左右も水平ですし、取り付けもしっかりしている為、
コンディションとしては良いほうです。
左右が斜めっていたり、途中で破損していたりする梯子も結構多いですよ。
岩場は厳しい面もありますが、個人的には登っている感があり好きです。
次回は、上越方面の紅葉をお届けします。またVROpenCafeを覗きに来て下さい。

コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top