第30回 夏本番、北アルプス北穂高岳 Part1|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

第30回 夏本番、北アルプス北穂高岳 Part1

7月の「海の日」の連休に、北アルプスの北穂高岳に登ってきました。連休前までは梅雨で雨が降り続いており登頂が危ぶまれましたが、週末から梅雨空けし、一気に夏本番となり好天に恵まれました。今回は2回に分けて夏本番の北穂高岳をご紹介いたします。


上高地のメインスポットである河童橋から、穂高連峰が綺麗に見えました。今回登頂した北穂高岳は明神岳の奥に位置し、河童橋からは見えません。

画像0728①.JPG
 
梓川沿いをしばらく歩くと明神小屋に着きます。小屋の前からは、朝日が当たった明神岳が綺麗に見えます。

画像0728②.JPG
 
さらに登山道を歩き続けると横尾山荘に着きます。ここは槍ヶ岳と涸沢の分岐点で、登山客で賑わっていました。

画像0728③.JPG
 
登山道もだんだん険しくなり、脇にはキヌガサ草が綺麗に花を咲かせていました。毎年同じ場所に咲いているのを観ると、とてもホットするとともに疲れた体を癒してくれます。

画像0728④.JPG
 
今年は春先が寒かったせいか、涸沢のテン場は殆ど雪に覆われていました。雪の上で寝た人はとても寒かったようです。

画像0728⑤.JPG
 
翌早朝、涸沢から見た穂高連峰のモルゲンロート(朝焼)です。とても神秘的な雰囲気を感じさせる一方、登頂気分を高めてくれます。

画像0728⑥.JPG
 


    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top