寒い冬の日、葉が落ちたケヤキの枝に鳥の巣を見つけました。|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ
2011.02.14|OpenCafe Blog

寒い冬の日、葉が落ちたケヤキの枝に鳥の巣を見つけました。

 

Moz_1_1.JPG
最近寒いですね。
毎朝通勤のため通る駅前のケヤキもすっかり葉が落ちてしまい、通る度にますます寒く感じます。

Moz_1_2.JPG
ん?
・・・よく見てください
これは・・・!
Moz_1_3.JPG
鳥の巣です。
野鳥について詳しいつもりでしたが、巣についてはあまり気にしていませんでした。早速調べてみましたが、識別はなかなか難しいですね。
ヒヨドリかメジロの巣ではないかと思いますが・・・
巣を見つけてからケヤキの木をよく見てみると、これまで気付かなかっただけで、他にもイッパイ巣がありました。ケヤキはこの時期、葉が落ちてしまっているため見通しがよく、たいへん巣を見つけやすいです。
最近寒くて肩をすぼめて下ばかり見てたので全く気付きませんでした。本当に意外でした。
という話を家族にしていたところ、「駅前の小さな木の枝に、手を伸ばすと届く距離に鳥の巣がある」との情報を入手。
えぇ? ホント?
早速確認してきました。
あ り ま し た 。
駅前だけに、写真を撮っていると目立つので撮れていないのが残念です。トテモ丁寧に作ってありました。きっと、クチバシを使って器用に編んだんでしょうね。こんな身近に鳥の巣があるなんて、全く気付きませんでした。
ところで、やや誤解されがちなのが、巣と塒(ねぐら)の違いです。
塒(ねぐら)は毎日寝るための場所を指します。繁殖とは無関係です。野鳥の場合、塒(ねぐら)は葉で覆われた木の枝など、安全な場所であることが多く、大体毎日同じような場所で過ごすようです。巣とは違い、、塒(ねぐら)をせっせと編むことはしません。
コサギなどの水鳥は、寝る前に特定の場所に集まる行動(集塒前集合)が観察できます。日没直前に湖沼の浅瀬を見ると、よく集まっている姿を確認できます。
同様に、ムクドリも日没前後に街路樹によく集まる習性があります(駅前の街路樹にたくさん集まり騒がしいため、場所によっては嫌がられています)。集塒前集合はなぜ行うのでしょう。情報交換しているとの説、集まっていたほうが外敵に襲われたときに助かる確率が高まるため、など諸説あります。
一方、繁殖期の比較的短期間に使用するのが巣です。巣は卵を産んだり、温めたり、雛が飛べるようになるまでの間、そこで過ごしたりといった用途のために使用します。ご存知の通り、鳥類は卵を産みます。巣は卵を守るために、床が柔らかく、また、卵が落下してしまわないように、形状に工夫が見られます。
ツバメは巣を修復して再利用することがよく知られています。別の例では、木に巣箱をかけておくと、シジュウカラやスズメがよく利用します。床にはやわらかいクッションになるような巣材を敷くのですが、以前誰かが使った巣を修復して使用しています。今風に言えば、「リユース」ということでしょうか。なんだかちょっとエコですね(巣材も自然のものが多いですし・・・)。
ヒヨドリやメジロの場合どうなんでしょう。
見つけた巣は、風に吹かれても落ちる様子も無く、しっかり作られているので、春の繁殖期に再利用してくれれば、子育てが観察できるかも・・・と、ちょっと期待しています。

Moz
 

 Moz_1_4.JPG
 

先日公園で撮ったヒヨドリ。
ほっぺはお化粧をしているようでかわいいですね(*^^*)

(独り言:135mm, f3.5 手持ちでぶれないで撮れた・・・)



Commented by ROSA at 2011.02.15 00:12

Mozさん♪久々の感じですネ!!

親鳥は、我が子の為に一生懸命、巣を作るんですね!!

Commented by Moz at 2011.02.15 17:05

ROSA さん、コメントありがとうございます。

多分クチバシと脚を使って巣を作ると思うのですが、上手に作るなぁ~と感心しました。

コメントを投稿する

※スタイル用のHTMLタグを使うことができます

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top