「すばる」って・・・・・。|ビデオリサーチ スタッフブログ集

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

フリーエッセイ

インデックスへ

「すばる」って・・・・・。

 

miniタイトル2.jpgのサムネール画像   

こんなエッセイ(いえ、絵日記です。)を書いていますと

 

個人的にも「星を勉強してみたい」というお便りをいただく

ことがあります。とても感激です!!

でも、それと逆でも良いのではないかと思います。

夜空を眺めて、興味がもてたらもっと調べてみるという風に。

 

数年前、私がどれほどこの分野に無知だったか・・・・・。

 

あるきっかけで「望遠鏡を買うぞ!」と一念発起。

その後怒涛のごとくカメラ量販店やら望遠鏡ショップやら

インターネットやらで望遠鏡のことを調べました。

その時の望遠鏡を選ぶ基準は

 

「土星の輪がすごくよく見える」「写真も撮りたい・・・」。

 星のことはわからないので、機器が自動で星を見つけるのとか・・・。

 でも、高い望遠鏡は買えないし・・・。

 

今考えると本当に何も知らなかった、というか実際のことを何も

イメージできていなかったというべきかもしれません。

「土星の輪がよく見える」っていう基準はあるものの、土星ってものの

基本的なことをわかっていない・・・・。

多分一年中どこかに見えているんだろう、みたいな感覚でした。

 

【基礎知識】

1.     宇宙に見えるもの(地球からです)の99.9%は単なる「点」のような

恒星というものです。恒星=太陽と同じで自分で光を出すもの。

ハワイの「すばる望遠鏡」ですらそれは同じで、恒星は点にしか

見えません。

2.     では単独の星のうち「何らかの形」を見ることができるのは?

月・土星・木星・火星・金星・かろうじて水星などの惑星も。

普通はこの天体のみ。

3.     月以外の惑星といわれるものは見える季節が決まっています。

 

恥ずかしながらこの世界に入り込む前まで「すばる」という星の名前は

知っていたものの「それはどこにあるの?どんなもの?」と聞かれたら

「どっかにある、明るい星でしょ。一等星の。」とか、いい加減な説明を

したかもしれません(いや、絶対にしていましたね・・)。

 

さて「すばる」の正体とは。

 

 

望遠鏡を買って間もない頃、

(オークションで中古のものを手に入れましたが、これが大変!

 写真で見ると小さいのですが、実際に届いたのは巨大な筒・・・。

 後から知ったことですが、かなりマニアックな代物でした。)

一晩中夜空を眺めていましたら、妙に星がごちゃごちゃ

集まっているのが見えました。その時はふしぎなものを発見して「!」

という気分。

で、望遠鏡をきっちり向けてみると

 

「おおおおおおッ・・・・!!!!」

 

smallM45 2.jpg 

すごく美しい星の大集団ではありませんか!

翌朝それが何だったのかインターネットで調べてみたら、何のことは無い、

それが「すばる」という星(の大集団)だったのです。

 

「いかん、ちゃんと勉強しなくちゃ・・」と、このときほど思った

ことはありません。

その晩、同時にびっくりするようなものを見てしまったのが

病の始まり。見えたのは下の写真の「さんかく座の銀河M33」。

M33s1.jpg

  

  *写真は両方ともいつものM市

  

  アンドロメダを見たくて探していたのですが、素人の悲しさ。

 

 

アンドロメダのとなりにあるこの銀河を間違えて見つけたのでした。

でも、本当に驚きました。首都圏の住宅地で、白く渦を巻く銀河を

この目で初めて見たのですから・・・。



Commented by ROSA at 2008.06.14 22:10

機械ってすごいものなんですね~
何にも知らなくても、見えちゃう!

昴って、他の星と色が違いますよね・・・?
白くひかり輝いてる!

初めて他のブログ(星に詳しい人の)で見たときに
「美しい!!」と感動しました。
それ以来昴は大好きです♪

Commented by ハーシェル at 2008.06.15 18:06

ROSAさん

コメントありがとうございます。
昴は本当にきれいですね・・・。
ここでは☆がいっぱい生まれているそうです。
だからぴかぴかに輝いているのかもしれません。

初秋、高くあがった昴をまた見るのが楽しみです。

Commented by Cちゃん at 2008.06.18 07:07

私も・・「すばる」でした!
 あの星の集団は目で見ても特別なもの、
  双眼鏡だと おー! と感動です。

次はアンドロメダ大星雲、M33は見つけられなくて
 1年後でした。
 M33は我々の「天の川銀河」に
   良く似ているといわれます。
  と すると地球はどの辺かなー? など考えて見ると
     楽しいです。

Commented by ハーシェル at 2008.06.18 15:03

「Cちゃん」さん

コメントありがとうございます。
双眼鏡で見る昴ほど「おーっ!」と思うものもないですね。
唄のイメージより、もっと優雅・絢爛という感じです。

私はアンドロメダを見るまで2年もかかりました。
星図を見ながら苦労して探し出した時は自分をほめましたネ。
しかし、2年がかりですよ・・・・。

次回は銀河の話題に行って見ますのでお楽しみに。

    

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top