「1週間にチョコレートを7回以上食べる」女性|アンケートモニター調査結果から気になる数字をピックアップ

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキングタレント度診断
その他のメニュー

今月の数字

今月の数字 インデックスへ

「1週間にチョコレートを7回以上食べる」女性

2月の街は、バレンタイン一色。国民行事のようにすっかり定着したバレンタインデーですが、ご自身や周りのみなさんは、いかがでしたか?最近は、ブームとは言えないくらいにチョコレート(ショコラとも言いますね、最近は)が身近なものになっていて、本命チョコや義理チョコを差し置き「友チョコ」や「自分チョコ」など、さまざまな用途に注目が集まっています。ということで、今回はバレンタインデーの代名詞「チョコレート」を取り上げてみました。

まずは「チョコレートを3カ月間に1回以上食べたことのある人」の性年代別スコアを見てみましょう。12-69歳男女全体で86.0%と、かなりの高率。性別では女性のほうが高く、年代別では男性は20代が若干低く、女性では大きな差はありません。



top_grf_2gatsu01.jpg

注)グラフは70%~100%のみで表し、差を分かりやすくしています



この「3カ月以内に食べたことがある」人たちの「食べた頻度」を見てみると、かなりの割合でヘビーユーザーがいることが分かりました。

「1週間で7回以上チョコレートを食べる」女性が11.0%も


top_grf_2gatsu02.jpg食べた頻度を見ると、男女ともに1週間で1回~3回が最も多く、それぞれ半数超を占めているのですが、「7回以上」というヘビーユーザーもかなり存在していて、とくに女性は11.0%と1割以上。「1週間で7回以上」ということは、平均すると「ほぼ毎日チョコレートを食べている」ということ。相当なチョコレート好きと言えるでしょう。

さらに、この食べた頻度を女性に絞って年代別に見てみることにします。

top_grf_2gatsu03.jpg
すると、2回、3回あたりは60代の高齢層が多くなっていますが、ヘビーユーザーである「7回以上」は、20代~50代が、女性平均11.0%を超えるスコアとなっており、とくに30代~50代は12.0%を超えていて、「毎日の暮らしのご褒美=チョコレート」の構図が垣間見えます。

ちなみに、この週7回以上のヘビーユーザー層の特徴について、さらに掘り下げてみると...。



週7回以上チョコレートを食べる女性の特徴は?


top_grf_2gatsu042.jpg

注)上から4項目は「3カ月以内の飲食経験」の値



週7回以上チョコレートを食べている女性は、女性全体のスコアと比べると、チョコレートだけでなく、ほかのお菓子や清涼飲料水も飲食している人が多い傾向がありました。そのほか意識的な項目「体型に気を配っている」「歯や歯ぐきの健康に気を配っている」「ダイエットに関心がある」などに関しては、とくに高くも低くもなく、女性全体のスコアと大きな差はありませんでした。やっぱり女性は、あま~いスイーツの誘惑に弱いものなんですかね!?


調査名:生活者総合調査(ACR/ex)
調査時期:2015年4-6月
調査地区:7地区計(東京50km圏+関西+名古屋+北部九州+札幌+仙台+広島)
集計対象:個人全体(男女12-69才)(N=10,647)
今月の数字 インデックスへ

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top