「ペットを飼っている」人|アンケートモニター調査結果から気になる数字をピックアップ

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキングタレント度診断
その他のメニュー

今月の数字

会員ログイン
インデックスへ

「ペットを飼っている」人

「ペットブーム」と言われて久しい日本。実際にペットを飼っている人って、いったいどれくらいいるのでしょう? そんな素朴な疑問を解決すべく、今月はペットに関する数字をご紹介します。

graf_1709_01.jpg

ビデオリサーチの『生活者総合調査』の2017年4-6月調査によると、何らかのペットを飼っている人は39.8%と約4割。ペットの種類別では「犬」が17.3%で際立って多く、次いで「猫」が9.9%となっています。

では、単身/夫婦/2世代などの「家族形態別」で見てみると、どうなるのでしょう?

家族形態が大きいと高い「ペット率」

graf_1709_02.jpg家族形態別に見てみると、「犬」をはじめとしてほぼすべてのペットで、単身→夫婦→2世代→3世代と「家族形態が大きくなるほど飼われている割合が高くなる」傾向が見られます。ただし「猫」と「メダカ」は、2世代より夫婦だけのご家庭で多く飼われているようです。

犬のうち、もっとも多いのは「小型犬」

graf_1709_03.jpgもっとも飼っている人の多い「犬」を大きさ別に見ると、そのほとんどは「小型犬」。「大型犬」は1%で、前述の「ハムスター(1.4%)」よりも少なくなっています。また、住居形態別では、犬の大きさに関わらず「賃貸アパート<マンション<一戸建て」となっており、都市生活の住宅事情に関わりの深い結果が垣間見えます。



調査名:生活者総合調査(ACR/ex)
調査時期:2017年 4-6月
調査地区:7地区計(東京50km圏+関西+名古屋+北部九州+札幌+仙台+広島)
標本抽出法:ARS(エリア・ランダム・サンプリング)
      ※調査対象者の無作為抽出、インターネット非利用者も含む市場全体を母集団とする設計
有効標本数:男女12-69才個人全体(N=11,171)
インデックスへ