「1カ月に11回以上コンビニを利用する」35-49才の単身生活男性|アンケートモニター調査結果から気になる数字をピックアップ

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

今月の数字

今月の数字 インデックスへ

「1カ月に11回以上コンビニを利用する」35-49才の単身生活男性

大げさではなく "ほぼすべての人" に利用されているコンビニエンスストア(以下コンビニ)。2017年7月の「今月の数字」でもその利用動向をご紹介していますが、2018年の弊社『生活者総合調査(ACR/ex)』でも、1カ月に1回以上コンビニを利用した人は個人全体で95.5%と、非常に高いスコアとなっています。今回は、この調査結果を掘り下げた分析を行ってみたいと思います。


graf_1903-2_01.png

利用回数別で見てみると、性別では1カ月に1〜4回利用の「ライトユーザー」は女性が多く、11回以上の「ヘビーユーザー」は男性が多くなっています。性年代別では「ライトユーザー」は男女ともに年代が高いほど多くなり、「ヘビーユーザー」は男性は35-49才が、女性は20-34才がピークになっています。

さらに、"コンビニ利用者=単身生活者" というイメージをお持ちの方も少なくないのではと思い、「単身生活者に絞り込むとどんな結果になるか」を集計してみました。

単身者=ヘビーユーザーという構図が明らかに


graf_1903-2_02.jpg
単身生活者に絞り込んで集計してみると、「ヘビーユーザー」で単身者のスコアが際立って高いことがわかりました。ただし、単身者には「ヘビーユーザー」が多い若い男性が多く含まれているので、これだけでは「単身者の傾向が現れているのか」「若い男性の傾向が現れているのか」までは、はっきり分かりません。確認のために、性年代別に集計してみたのが次のグラフです。


graf_1903-2_03.jpg
すると、ほぼすべての性年代で「ヘビーユーザー」が全体を上回っていて、「コンビニのヘビーユーザーには単身生活者が多い」というイメージが裏づけられる結果となりました。とくに35-49才男性ヘビーユーザーでは、62.8%と突出して高いスコアとなりました。

コンビニの「利用時間帯」は?


graf_1903-2_04.jpg
最後に、最近話題になっている「コンビニの利用時間帯」を見てみましょう。平日は出勤前の立ち寄り?の8時台とお昼休みの12時台に大きなピークが。土日は8時台のピークが消え、大きな山がなくなっています。また、深夜の利用率も平日よりも少なくなっています。



調査名:生活者総合調査(ACR/ex)(MCR/ex)
調査時期:2018年 4-6月
調査地区:東京50km圏
標本抽出法:ARS(エリア・ランダム・サンプリング)
      ※調査対象者の無作為抽出、インターネット非利用者も含む市場全体を母集団とする設計
有効標本数:男女12-69才個人全体(N=4,892)
今月の数字 インデックスへ

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top