「1年間に花火大会に行ったことがある」新潟県民(全国No.1)+ほか県民意識|アンケートモニター調査結果から気になる数字をピックアップ

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

今月の数字

今月の数字 インデックスへ

「1年間に花火大会に行ったことがある」新潟県民(全国No.1)+ほか県民意識

夏の風物詩といえば、花火。今年は全国各地の花火大会で、さまざまな理由で見送りや中止も相次いでいるようですが、夏休みや夏祭りの花火大会はやはり美しく、楽しいものです。今回は、先月の富山県に続いてそのお隣の新潟県について、弊社『全国新聞総合調査(J-READ)』から、1位になっているデータをいくつかピックアップしてみました。


graf_1908_00.png
「花火大会に行ったことがある」が1位というのは、三尺玉で有名な長岡花火をはじめ、全国有数の花火大会が多数行われる新潟ならではの結果でしょう。また、欲しい商品「スキー(板・ビンディングなど)」も、雪国らしいスコアです。さらに、ファッション意識での「他人の格好が気になるほう」や、欲しい商品での「スポーツタイプ乗用車(国産車)」などからは、アクティブな生活者像が浮かび上がってきます。

新潟と隣接県の「相思相愛度」は?


ちなみに、全国には「わが県は○○地方」とはっきり区分できない県がいくつかありますが、新潟県もそのひとつ。関東甲信越? 北陸? あるいは東北? とよく分からないという方もいるのでは? ご当地新潟県人のなかには「新潟は新潟だ」と答える人もいるとか。「何地方かはっきりしていない」新潟県民と、隣接県の県民が「お互いにどう思っているか」は興味深いところなので、ちょっと調べてみました。


graf_1908_01.png

graf_1908_02.png

「新潟県民が一番好きな隣県」は長野県。「新潟県を一番好きな隣県」は群馬県・福島県・長野県などとなっています。併せて考えると、新潟県民にとっては長野県が好感度的に「ベストパートナー」。上杉謙信と武田信玄の、いわゆる川中島の戦いの時代から続く「敵に塩を送る好敵手のイメージ」が、現代にも続いているのかも。逆に富山県とは(どちらかというと富山県のほうから)微妙な関係?があるようです。



graf_1908_03.png
最後に「自分の県が好き」というスコアもチェックしてみました。新潟県はほぼ全国平均。各隣接県も平均的なスコアでした。



調査名:全国新聞総合調査(J-READ)
調査期間:2017年10月15日(日)~10月21日(土)
調査地域:全国47都道府県の全域
調査対象者:調査時に満15歳~69歳の男女個人(有効標本数:N=28,808)
標本抽出法:RDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法により調査対象者を抽出し調査への協力を依頼
今月の数字 インデックスへ

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top