「ホノルルに行ってみたい」30代女性|アンケートモニター調査結果から気になる数字をピックアップ

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

今月の数字

今月の数字 インデックスへ

「ホノルルに行ってみたい」30代女性

10月の今月の数字は、同じく10月の『みんなのランキング』でご紹介した「今後(今後も)行ってみたい海外旅行の行き先TOP30」との連動企画。不動のTOP6だけでなく、近年人気上昇中の「ベネチア」や「アジア各地」も加えつつ、掘り下げてみようと思います。


graf_1910_00.png

不動の人気No.1「ホノルル」以降「パリ」「グアム」と続く全体スコアと順位はご覧の通り。そして、男女別でのスコアを見てみると...すべての行き先で女性が男性を上回っていて、アクティブに生活を楽しむ "いまどきの女性像" を連想させる結果と言えそうです。

では、さらに細かく性年代別に各旅行先のスコアを見てみると、何が見えてくるでしょう?


際立つ「ホノルル」のスコアの高さ



graf_1910_01.png

人気No.1の「ホノルル」は、スコアの高さが際立っており、全性年代で30%超え。なかでも30代女性は61.3%と突出した支持率を誇る結果に。ショッピングもグルメも自然やアクティビティも楽しめるハワイは、やはり魅力的なのでしょう。



graf_1910_02.png

全体2位の「パリ」、3位の「グアム」、4位の「ローマ」などは男女とも20代から40代をピークに推移しており大きな差異は見られませんが、「ロンドン」「ニューヨーク」は男女ともに10代から30代の支持の高さが目立ちます。50-60代のシニア層に人気なのは「ローマ」「ベネチア」「台北」「香港」など。

「ソウル」は他の行き先とは異なり、完全に女性上位。特に、10代から30代女性からの人気の高さがうかがえる結果となっています。

今月は「海外旅行」をテーマにしています。みんなのランキング10月記事「人気の海外旅行先」ランキングTOP30 2014→2019も併せてご覧ください!



調査名:生活者総合調査(ACR/ex)
調査時期:2019年 4-6月
調査地区:7地区|東京50km圏(東京駅を中心として、半径50km圏に含まれる市・区・町・村全域)
         関西(2府3県主要地域)
         名古屋(中京3県主要地域)
         北部九州(北九州市・福岡市及び両市の周辺部)
         札幌市
         仙台市
         広島市
標本抽出法:ARS(エリア・ランダム・サンプリング)
      ※調査対象者の無作為抽出、インターネット非利用者も含む市場全体を母集団とする設計
有効標本数:男女12-69才個人全体(N=10,814)
今月の数字 インデックスへ

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top