東京50km圏「住みやすそうな街」TOP20|アンケートモニター調査結果から気になるランキングをご紹介

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

みんなのランキング

みんなのランキング インデックスへ

東京50km圏「住みやすそうな街」TOP20

「住みたい街」や「住みやすそうな街」は、さまざまなランキングが公開され、メディアでも度々紹介されていますが、弊社の『生活者総合調査』でも、調査を実施しています。そこで、今月のランキングは、そんな東京50km圏にお住まいの方々に聞いた、「住みやすそうな街」のランキングをご紹介します。


graf_1810_mr_01.jpg

結果、1位は「吉祥寺駅周辺」。「吉祥寺駅周辺」は個人全体では22.5%で、2位の「二子玉川駅周辺」(15.6%)に約7ポイントの差をつけてTOPとなっています(2位と3位の差は約1ポイント)。

このランキングを、さらに年代別でも見てみましょう。

全年代で「吉祥寺」が不動の1位に


graf_1810_mr_02.jpg
吉祥寺は性年代別(12-19才を除く20才以上で集計)でもすべての年代で1位であり、その人気が確かなものであることが伺えます。

また、全体的に性年代別で大きな差異はありませんが、次の2つのタイプに分類される街がいくつかあることがわかります。

○「年齢が高いほどランキングが高い」街
荻窪駅周辺、中野駅周辺、たまプラーザ駅周辺、目黒
○「年齢が高いほどランキングが低い」街
北千住、立川駅周辺、八王子駅周辺

男女で比較すると、若い年代ほど男女で差が大きく、高年代では差が小さい傾向があります。その理由はさまざま考えられるのですが、このデータだけでは憶測の域を出ませんので、コメントは控えたいと思います。

最後になりますが、「住みたい街」や「住みやすそうな街」は、さまざまなランキングが公開されていますが、知りたいことがシンプルなので、人気の街の顔ぶれは調査によって大きな違いはないようです。ただし、これらのランキングは基になる調査の調査対象者・抽出法・調査方法などが同じではないので一概に比較はできません(本サイトの2017年3月「今月の数字」のコラム『世論調査について』で詳しく述べていますので、よろしければご一読ください)。

弊社の『生活者総合調査』では、東京地区での調査では、東京駅から半径50km以内に居住する方を無作為に選び、同じ圏内にある主要な76の街を挙げて「住みやすそうな街」を複数回答で選んでもらう方法で調査しています。


調査名:生活者総合調査(SOTO/ex)
調査時期:2018年4-6月
調査地区:東京50km圏
標本抽出法:ARS(エリア・ランダム・サンプリング)※調査対象者の無作為抽出、インターネット非利用者も含む市場全体を母集団とする設計
集計対象:個人全体(男女12-69才)(N=4,892)
集計対象設問:生活者総合調査(SOTO)の東京50km圏(東京駅を中心として半径50km圏に含まれる市区町村全域)の主要な街(76カ所)についてのイメージを複数回答で質問
みんなのランキング インデックスへ

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top