「スマホで行うこと」性年代別TOP10|アンケートモニター調査結果から気になるランキングをご紹介

twitterでシェアするfacebookでシェアするgoogle+でシェアする
ビデオリサーチ オープンカフェ
現在実施中の調査調査にご協力いただく皆様へ今月の数学とっ撮り食堂(仮)M(みんなの)ランキング
その他のメニュー

みんなのランキング

みんなのランキング インデックスへ

「スマホで行うこと」性年代別TOP10

街なかでも電車の中でも「みんなスマホをいじっている」のは、いまや普通の風景。いわゆる「ながらスマホ」はよろしくありませんが、スマホはすでに "暮らしに欠かせないデバイス" になっています。ただ、みんなが同じ使い方をしているわけではありません。一昔前、電車の中では多くの人が新聞や雑誌、書籍や漫画を読んでいました。これを全部一緒にして「最近はみんな紙ばかり見ている」とは言いませんでした。同様にスマホも単なるデバイス(機械)で、その使い方はさまざまのはずです。
そこで今回は、弊社『全国新聞総合調査(J-READ)』で、「スマホで行うこと」を性年代別に集計してみました。


graf_2002_mr_01.png

15-69才男女全体でもっとも多かったのは「ポータルサイトのニュース記事の閲覧」「動画サイト(YouTubeなど)の閲覧」がTOP2で40%以上。さらに5位の「Twitterなどミニブログの閲覧」までが20%越えで続いています。

では、ここからはさらに詳しく、性年代別のランキングをご紹介します。


ポータル閲覧と動画閲覧は全性年代で上位に



graf_2002_mr_02.png

個人全体でTOP2だった「ポータルサイトのニュース記事の閲覧」「動画サイト(YouTubeなど)の閲覧」は、10代を除く全性年代でTOP3に入っています。
年代によって差があるのは、「オンラインゲーム・ソーシャルゲーム」と「Twitterなどミニブログの閲覧」「Twitterなどへの書き込み・発言」で、若い人ほど上位になります。特に「Twitterなどへの書き込み・発言」は10代20代のみでランクインしています。
新しいものはとかく、その中身よりハードウエアやシステムに目が行って、肝心の中身に対する関心が薄くなる傾向がありますが、肝心なのは中身(コンテンツ)です。そろそろ「紙でもスマホでも新聞は新聞」といった風に考えてみませんか? メディアやコミュニケーションの姿が違って見えてくるかもしれません。



調査名:全国新聞総合調査(J-READ)
調査期間:2017年10月15日(日)~10月21日(土)
調査地域:全国47都道府県の全域
調査対象者:調査時に満15歳~69歳の男女個人(有効標本数:N=28,808)
標本抽出法:RDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法により調査対象者を抽出し調査への協力を依頼
みんなのランキング インデックスへ

視聴率調査・マーケット調査のビデオリサーチがお届けする、コミュニティサイト「ビデオリサーチOpen Cafe」

page top